北斗の拳 転生の章 始まりの運命

北斗の拳 転生の章 始まりの運命

 

北斗の拳 転生の章ゲームレビュー

北斗の拳シリーズが新たな章を迎え、『北斗の拳 転生の章』が登場しました。本作は、往年のファンにとっては懐かしさと新しさが交錯する作品となっています。私はゲームレビュー経験者として、この作品に焦点を当て、その魅力や特徴に迫ります。

まず、『北斗の拳 転生の章』の本来の意図について触れてみましょう。開発者は、原作のエッセンスを保ちつつ、現代のゲーム技術とストーリーテリング手法を取り入れ、新しい冒険を提供することを意図しています。これは、ファンにとっては嬉しい要素であり、シリーズへの愛着を深めることが期待されます。

北斗の拳 転生の章 スペック解析&勝ち方攻略(天井狙い目・設定判別・推測要素・リール配列・打ち方)

ゲームの特徴として挙げられるのは、まずグラフィックの進化です。キャラクターデザインや背景がリアルで迫力満点。北斗の拳の荒涼とした世界観が、今まで以上にリアリティを増しています。また、物語の進行に合わせたダイナミックなカメラワークや演出も見逃せません。これにより、プレイヤーはまさに物語の主人公として没入感を味わえます。

ゲームプレイに関しては、アクション要素が強化されています。戦闘は直感的でありながらも戦略性を要するもので、スムーズなコンボや特殊技の使用が求められます。特に、北斗神拳の技がバラエティ豊かに展開されており、その使いこなしはプレイヤーの腕前を問われます。新たな敵やボスも登場し、予測不能な戦況がプレイヤーを緊張感に包み込みます。

ゲーム内のヒントとコツについても触れておきましょう。まず、キャラクターの成長要素が重要です。経験値を積み重ね、スキルツリーを有効活用することで、戦闘の幅が広がります。また、物語の進行に合わせて状況に応じた武器やアイテムの選択が重要となります。簡単に手に入るものからレアなものまで、戦略的に利用することが勝利への鍵です。

総括すると、『北斗の拳 転生の章』はシリーズファンにとって待望の作品となりました。原作の魅力を引き継ぎつつ、新しい要素を取り入れ、進化したグラフィックとアクション要素はゲーム体験を一層豊かなものにしています。ただし、序盤から難易度が高めなため、戦略的なプレイとキャラクターの成長が必須です。全体として、北斗の拳の世界に没頭し、新たな冒険に挑む喜びを味わえる作品となっています。

 

北斗の拳 転生の章 荒野の再会

 

漫画およびテレビアニメ「北斗の拳」とのタイアップパチスロ第7弾。

基本仕様は1セット40G・1ゲーム約2.8枚純増のAT機で、継続システムは継続抽選型。

通常時のAT突入契機はゲーム数解除がメインで、ゲーム数解除は「あべしステム」を採用。基本的に1ゲーム1あべしを獲得でき、液晶左上にある「あべしカウンタ」が規定数に達することでAT突入となる。「あべし」は、あべし上乗せゾーン「天破の刻」で一気に上乗せされることもある。

AT継続の当否は「神拳勝舞」により行われる。基本的に1ゲーム完結のバトル演出が発生し、ケンシロウの勝利でAT継続。敗北してもAT中に獲得した「勝舞魂」の数だけ挑戦できる。

閉じる

ゲームの流れ

AT突入契機は主に液晶左上の「あべしカウント」が規定数に達するとATに突入する「あべしステム」で、あべし上乗せゾーン「天破の刻」突入時は、あべし数の大量上乗せに期待できる。

閉じる

ボーナス詳細機械割

設定 AT
1 1/355.7
2 1/341.6
3 1/320.9
4 1/279.3
5 1/251.1
6 1/237.6

閉じる

各役払い出し

SPECIAL REPLAY

SPECIAL REPLAY

SPECIAL REPLAY

SPECIAL REPLAY

SPECIAL REPLAY

SPECIAL REPLAY

チェリー

2枚

スイカ

3枚

ベル

REPLAY

※中段揃い時は8枚 リプレイ

REPLAY

リプレイ

REPLAY

※この配当表は見た目上の一部になります

閉じる

初打ちレクチャー

【通常時】1ゲーム毎に1あべしを獲得でき、あべしカウンタが規定数に達すればATに突入する。
【通常時】チャンス役成立時は、「天破の刻(あべし上乗せゾーン)」突入が期待できる。
【通常時】北斗揃いで、AT+「SPバトル(高継続率AT)」が確定する。
【AT】チャンス役成立時に「勝舞魂」獲得が期待でき、神拳図柄揃いで「百裂乱舞(勝舞魂上乗せゾーン)」が期待できる。
【AT】「百裂乱舞」中は1/1.1で「勝舞魂」の抽選が行われ、チャンス役成立時は「勝舞魂」の複数獲得が期待できる。
【AT】「神拳勝舞(AT継続バトル)」は1ゲーム完結。ケンシロウ勝利でAT継続、敗北しても「勝舞魂」の数だけチャレンジできる。
【AT】「SPバトル」は1セット15ゲームのATで、継続システムは継続抽選型(継続率77.7~90.0%)。ケンシロウが倒れない限り継続する。

通常時の打ち方

●消化手順
<最初に狙う図柄>

左リールに神拳図柄の下にあるチェリー図柄を狙う。

<停止型1>

残りリールは適当打ちでOK。

<停止型2>

角チェリーが停止した場合は、中・右リールにチェリー図柄を狙う。

<停止型3>

中段チェリーが停止した場合は、残りリールを適当打ち。

<停止型4>

スイカが停止した場合は、中・右リールにスイカ図柄を狙う。

●ペナルティについて
通常時は順押し、ハサミ押し以外で消化するとペナルティが発生する場合があるので注意が必要。

閉じる

チャンス役について

チャンス役成立時は、ボーナスやAT、「天破の刻」突入などが期待できる。また、小役の入賞パターンによって期待度が異なる。

<弱チェリー>

<強チェリー>

<スイカ>

<チャンスリプレイ>

<ベルリプレイ>

<勝舞リプレイ>

閉じる

内部状態とステージについて

●ステージについて
通常時には、それぞれ「天破の刻」突入期待度の異なる3種類のステージがある。

<「天破の刻」突入期待度>

「ケンシロウ<レイ<ガルダ」の順でチャンス。

●チャンスステージ

「ユリアステージ」に移行すればAT突入のチャンス。

●前兆ステージ

「天命の刻」ステージに突入すれば、AT突入のチャンス。

閉じる

あべしステム

「あべしカウント」が規定数に達することでATへと突入するAT発動システム。

●あべしカウント

液晶左上に表示されており、基本的に1ゲーム消化する毎に1あべし加算される。

【天破の刻】

「あべしカウント」の上乗せゾーン。

●突入契機
通常時のチャンス役成立時に突入が期待できる。

●継続ゲーム数
基本ゲーム数は7・14・21ゲーム。21ゲームを超えればAT突入確定。

・帯の色

液晶下段の帯の色でAT突入期待度を示唆しており、「青<黄<赤<キリン柄」の順でチャンス。

●あべしチャレンジ

「天破の刻」終了後に突入する、AT突入告知演出。

<AT告知>
「天破の刻」で獲得したあべしを「あべしカウンタ」に上乗せし、規定数に達した時点でAT突入。

=残り=

残った「あべし」は、次回へ持ち越される。

・AT非突入時
全てのあべしがカウンタへ移行してもATへ突入しなかった場合は、カウントに上乗せされた状態で通常時へ移行する。

=伝承モード=
「天破の刻」終了時に必ず突入する、「天破の刻」高確率状態。ショート・ミドル・ロングの3モードがある。

<チャンスパターン>
・タイトルの文字色

タイトルの文字色は青<赤<キリン柄の順でチャンス。

・背景の色

背景の色によって期待度を示唆している。

閉じる

AT「闘神演舞」

1セット40G・1ゲーム約2.8枚純増のATで、継続システムは継続抽選型。

●消化手順
基本的に通常時と同様の手順でOK。ナビ発生時のみ、ナビに従い消化する。ナビナシ時は中押しが可能で、中リール上段に赤7を狙い、フラグ判別が可能(詳しくは「AT中の打ち方」参照)。

<ナビ>

●オーラ昇格
AT初当り時に必ず突入し、オーラの色で「闘神演舞」のステージを示唆する。

<オーラの色別期待度>

「白<青<黄<緑<赤<紫」の順で、「勝舞魂」獲得期待度の高いステージへ突入するチャンス。虹オーラなら、SPバトル(高継続率のAT)確定となる北斗揃い濃厚。

<赤7揃い>

赤7揃いで「闘神演舞」突入。

<北斗揃い>

北斗揃いで「闘神演舞」突入後の「SPバトル」確定。

●ステージについて

AT中は全部で4種類のステージがあり、「金剛<覇道<激闘<闘神」の順で「勝舞魂」獲得期待度が高くなる。

●勝舞魂

AT中に獲得した「勝舞魂」の数だけ、AT継続バトル「神拳勝舞」にチャレンジできる。

<獲得契機>
チャンス役成立時に「勝舞魂」獲得が期待できる。

■「勝舞魂」獲得期待度
低 押し順ベル
リプレイ
弱チェリー
スイカ
ベルリプレイ
勝舞リプレイ、チャンスリプレイ
高 強チェリー
※実戦上

<勝舞魂表示>

獲得した「勝舞魂」は、液晶の左下に表示される。

●百裂乱舞

消化中の神拳図柄揃いで「勝舞魂」上乗せゾーン「百裂乱舞」へ突入する。

●神拳勝舞
AT1セット終了後に発生するAT継続バトル。最終的にケンシロウが敵を倒せばAT継続。

閉じる

AT中の打ち方

AT中は変則押しが可能。中押しは成立役が見抜きやすいので、押し順ナビ未発生時に狙うのもあり。
※通常時は左リールから遊技してください

●消化手順
<最初に狙う図柄>

中リールの枠上or上段に赤7図柄を狙う。

<停止型1>

上段に赤7図柄が停止した場合は、残りリールを適当打ち。

<停止型2>

中段に赤7図柄が停止した場合は、左リールにチェリー図柄を狙い、右リールは適当打ち。

・弱チェリー

・強チェリー

<停止型3>

中段にスイカが停止した場合は、左リールを適当打ちし、右リールにスイカ図柄を狙う。

・スイカ

・チャンスリプレイ

<停止型4>

下段に赤7図柄が停止した場合は、残りリールを適当打ち(大チャンス目!?)。

閉じる

AT中「百裂乱舞」

1セット7ゲームの「勝舞魂」上乗せゾーン。

●突入契機

AT中の神拳図柄揃いで突入する。

●勝舞魂上乗せ抽選

毎ゲーム約1/1.1で「勝舞魂」の上乗せ抽選が行われる。

<押し順ベル>

押し順ベル成立時は「勝舞魂」上乗せ濃厚。

<チャンス役成立>

チャンス役成立時は、「勝舞魂」上乗せ確定で、1度の抽選で大量上乗せが期待できる。

閉じる

神拳勝舞

AT1セット終了後に突入するAT継続バトルで、1ゲーム毎にAT継続の当否を抽選。

●継続ゲーム数
AT中に獲得した「勝舞魂」の数だけ継続する。

<勝舞魂数表示>

液晶左下に「勝舞魂」数が表示されている。

・EXTRA

「EXTRA」表示で、勝舞魂を消費することなくバトルに勝利するまで継続する。

●AT継続抽選
毎ゲーム成立役に応じてATの継続抽選が行われる。

■AT継続期待度
低 リプレイ
押し順ベル
弱チェリー
スイカ
勝舞リプレイ
ベルリプレイ
チャンスリプレイ
強チェリー
高 赤7揃い
※実戦上

<液晶演出>

ケンシロウが勝利すれば継続確定。

・チャンスパターン
=対戦相手=

対戦相手により期待度が異なる。

■対戦相手別AT継続期待度
低 シン
サウザー
ラオウ
高 シュウ・ジャギ
確 トキ

=ケンシロウの攻撃=

「北斗百裂拳」ならチャンス。

=敵の攻撃=

背景にエフェクトがなければチャンス。

<赤7揃い>

バトル中に赤7が揃えば継続の大チャンス!

●勝舞魂の持ち越し
バトル勝利時点で「勝舞魂」が残っている場合、次回の「神拳勝舞」に持ち越される。

閉じる

SPバトル

北斗揃いや、「闘神演舞」中or「神拳勝舞」勝利後のスペシャルムービー経由で突入する1セット15ゲームのAT。継続システムは継続抽選型で、継続率は77.7~90.0%。

●液晶演出
<前半7ゲーム>

ザコ敵を倒すバトルの準備状態で、チャンス役成立で「勝舞魂」獲得のチャンス(後半8ゲームで「勝舞魂」を抽選)。

<後半8ゲーム>

ケンシロウVSラオウのバトル演出。最終的にケンシロウが倒れなければ次セットへ継続。

・ケンシロウの攻撃

ケンシロウが攻撃すれば継続確定。

■ケンシロウの技別高継続期待度
低 パンチ
キック
北斗百裂拳
高 北斗剛掌波

・ラオウの攻撃

■ラオウの技別継続期待度
低 北斗剛掌波
キック
高 パンチ

=攻撃回避・攻撃に耐える=

ラオウの攻撃を避けたり、耐えたりすれば継続確定。

・チャンスパターン
=北斗七星=

ラオウ攻撃確定時に北斗七星が出ていれば継続のチャンス。死兆星があれば継続確定。

=北斗百裂拳=

ケンシロウの攻撃「北斗百裂拳」がヒットすれば高継続率の期待大。

=パンチ→トキ出現or無想転生=

ラオウのパンチ時にトキ出現or無想転生で高継続率の期待大。

=北斗剛掌波を避けるor耐える=

ラオウの北斗剛掌波を避ける、もしくは耐えることができれば高継続率のチャンス。

その他、ケンシロウ攻撃時にレイ登場で高継続率のチャンス、ケンシロウの北斗剛掌波がヒットすれば高継続率の期待大。

・復活パターン

一度ケンシロウが倒れてしまっても復活すれば継続確定。ラオウのパンチで倒れ、ユリアで復活すれば高継続率の期待大。

北斗の拳 転生の章 宿命の絆

 

田中悟(たなか さとる)

評価:4.5/5

『北斗の拳 転生の章』はまさに北斗の拳の新たなる進化と言えるでしょう。特にゲームプレイにおいて、原作へのリスペクトと新たな要素の融合が素晴らしい。戦闘は迫力満点で、北斗神拳の技を駆使する爽快感は格闘ゲームファンにはたまらないものがあります。ルールも分かりやすく、新たな敵との戦いに挑む中で戦略を練る楽しさが存分に味わえました。


佐藤健太(さとう けんた)

評価:4.2/5

ゲーム戦略において、『北斗の拳 転生の章』はプレイヤーに深い思考を求める一方で、直感的なアクションも大切にしている印象です。特に、敵の動きや弱点を見極め、適切なタイミングで必殺技を繰り出すことが成功の鍵となります。新しい武器やアイテムの組み合わせも工夫次第で様々な戦術が展開でき、戦略性の高さに感心しました。


小林雄一(こばやし ゆういち)

評価:3.8/5

『北斗の拳 転生の章』は特別な体験を提供してくれる一方で、難易度が高いと感じることも。プレイヤーが物語に没入するためには、序盤の敵との戦いでの苦戦を覚悟する必要があります。しかし、その分成長と克服の喜びが大きく、ゲームの進行に合わせたストーリーの展開も見逃せません。総じて、ファンには満足のいく作品と言えるでしょう。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

業界連盟:パチスロ かまいたち の 夜 stake カジノ スロット ゼロ k8パチンコ k8ビデオスロット 八代將軍戰神版 k8 カジノ ベラ ジョン カジノ 評判 |